入院日記

【入院日記】羊水過少&胎児発育遅延で管理入院中-⑧日目、妊娠で腸が張る?

f:id:Mariko154:20190115104048j:plain

2019.1.18

入院8日目。今日も病棟内で診察、エコー検査。

赤ちゃんは成長しているか

今日もエコーで赤ちゃんの推定体重を計測します。

36週1日、2,139gでした。

前回3日前から約40gの増加。

赤ちゃんの推定体重は、頭の大きさと、脚の骨の大きさから計算されるようです。

その為あくまで推定の数値でしかないし、測り方によって誤差もでるのでしょうが、

それでも、

少しでも数値上大きくなってくれていることが私にとっては救いです。

先生としては「2週間後の帝王切開までに2,300gまで行ってくれれば嬉しい」という考えだそう。

どうかな。そこまで大きくなるかな。

頑張ろう、赤ちゃん!

食後に脇腹が痛いのは腸が張っているから

ところで、妊娠5ヶ月頃から私は謎の症状に悩んでいました。

それは、

ご飯を腹8番目位まで食べると、脇腹がガチガチに硬くなって苦しくなる、

というものです。

痛くなるのは必ず両側の脇腹。このイラストの通りの場所です。

脇腹の痛くなる部分のイラスト

この症状は特に夕飯のときになりやすいのですが、

たくさん食べると脇腹がまるで鉄板でも入れたかのように硬くなり、普通に座っているのが難しくなってしまいます。

そうなると、まだ満腹でなくても苦しいので食べるのは中止。

ソファの上にクッションを集め、上体が少し斜めに起き上がるようにして仰向けで横になります。

そしてその状態で1時間ほどすれば大体楽になります。

この症状が何なのか、お腹の張りなのか。

どうやら、その症状が出ている状態でもお腹は柔らかいのでいわゆるお腹の張りではないようです。

しかし今まで多くの医師や助産師さんに聞いてきましたが「わからない、聞いたことがない」としか言ってもらえませんでした。

しかもこの症状、ネットで検索しても全く出てこないんです。

今どきそんなこと珍しいですよね。

今回入院したことで新しい主治医に出会えたので、ダメ元でこの点を聞いてみました。

すると初めて回答が。

「それは、腸が張っているんです」

え…腸?

確かに、痛くなる脇腹はまさしく腸のある場所。

曰く、赤ちゃんと子宮が大きくなることで、もともと体に収まっている内臓が圧迫されていることが原因。

胃に食べ物が入ることが刺激となり、同じ消化器官である腸が張ってしまうんだそう。

先生の経験上、小柄な人や細身の人に多いんだとか。

たしかに、私は小柄な方です。

私「お腹の張りではないということは、赤ちゃんには影響は無いんですか?」

先生「無いです。でも、結構苦しいよね?それを防ぐにはご飯を減らすしか無いけど、単に減らしてしまうとカロリーが足りなくなってしまうから、何回かに分けて食べるか、ご飯を減らして少量でカロリーを取れるナッツ類をおやつに食べて補うとかかな。」

とのこと。

取り敢えず5ヶ月間にわたり悩んでいた謎の脇腹痛の原因がようやく判明しました!

そして赤ちゃんに影響が無いと聞いて安心!!

今まではこれがお腹の張りだと思っていたので痛くならないよう食べる量をセーブしていました。

(結果、すぐお腹が減ってしまうこともよくありました)

先生の提案した分割食事やナッツは…なんとなく気が進まないので、とりあえずはこのまま1日3食を頑張って食べることで様子を見ようと思います。

〈続く〉